Top > 中学受験ポイント解説:社会編

中学受験ポイント解説:社会編

暑い夏がやってきました。
夏は入試の天王山。この季節を過ぎればいよいよ受験も間近です。
今日は、中学受験の社会についてお話いたします。

中学受験のこの科目は、とにかく暗記が勝負です。
地理・歴史・公民と三つの分野に渡り、覚える量は相当のものですが、社会はとにかく知識を身につけないと話になりません。
入試では主に用語や人名、事件名や年代を答える問題が大半です。
難関校では、時折記述式の問題が出るところもあります。
とはいえ、記述と言っても知識依存の部分が多いので、以下に知識をつけるかということがポイントになります。

もちろん、勉強のコツはあります。
地理ならば、白地図に県名、平野や山脈、河川の名称や特産物といった特徴を書き込んでいくと良いでしょう。
歴史は、とにかく流れを頭にいれましょう。歴史の漫画を活用するのも効果的です。
公民には時事問題が出るので、新聞の見出しやコラムを見せると良いでしょう。
新聞社によっては「小学生新聞」「中学生新聞」を出しているところもあります。
詳しくは人気の塾の費用はいくら?口コミを要チェック|小学生塾入門を見ましょう。

関連エントリー